FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月より大学のゼミの先生の教授就任が決まりました!!

なので、OB.OG及び現役生全員に声がけして、

祝賀パーティーを開催することも決定!!

場所選びや当日の企画等のなかなか事前準備が大変なのですが、

僕が担当になったのは、往復はがきによる出欠確認の回収及び集計作業。

約300通発送しているため、回数作業が大変。

なおかつ未回収先に督促の指示を行う必要があるため、

なんか普通に仕事をしている気分です。

でも、まー先生のいじられて喜ぶ顔が見れるのであれば、

がんばってやることにします!

およそ200名超の参加が予定されているため、

かなり大きなイベントになってしまってます。

それにしても、教授になる話を聞いたのが、飲み会の席であって、

その場のノリと雰囲気で「パーティーをやろう!!」と決めて、

その結果、ここまで本格的になるとは思ってもいませんでした。。。
スポンサーサイト
2007.01.10 与勇輝展
今、京都高島屋において、与勇輝展が行われています。

布人形作家の与勇輝さんの作品展であるが、その作品は非常に素敵な

ものでした。

着物姿の子供の人形を中心に約100展ぐらい展示してあるのですが、

その顔の輪郭や布で作られた着物の繊細さにはほんとに感動します。

それぞれの作品にタイトルがあるのですが、

そのタイトルがうまく作品に表現されていました。

庭掃除をしている人形や、赤ちゃんをあやしている人形など、

一つ一つが個性的であり、魂がこめられている感じです。

人形展にはほとんど行ったことがなかったのですが、

あまり興味を持っていなかったものに対しても、

いざ、触れてみると魅力を感じたりするもんですね。

http://www.kyt-ysc.co.jp/present/ataeyuki/index.htm

2006.10.09 二条駅周辺
今日は、二条駅周辺を探索。

まずは立命館大学のキャンパスができていた。

法科大学院が移ってきている?ようで、かなりきれいな建物。

その7階にあるTAWAWA(京野菜を使った料理で有)で

軽くご飯をたべてきました。

お客さんの入りは少なかったけど、料理の味は結構おいしい。

おそらく季節限定の栗のポタージュスープはなかなかにいける!!

今は大学に普通に飲食テナントが入居する時代になったんですね。

続いて、二条駅のすぐ西にあるTOHOのシネコンで

映画を見に行ってきました。

タイトルはずばり「涙そうそう」。

感想はあくまでも個人個人で違うし、決して僕は映画通でもなんでも

ないので、評価するほどにえらくありませんが、

僕は結構楽しめました。

キャストの演技がやっぱりいいですね。

初めての二条のシネコンですが、なかなかに席もゆったりしてて、

よかったですよ。

ただ、場所的には若干不便なので、お客さんの数もそれほど多く

なかったです。

周辺はまだまだ、栄えている場所ではありませんが、

これからもっと栄えるのではと期待しています。
既にご存知の方も多いと思いますが、

京都市も環境を配慮してか、財政収入確保を目的としてか

10月1日からごみ袋が有料化されるようです。

具体的には、通常のゴミ袋(45㍑)1袋を50円(45円?)にし、

資源ごみのゴミ袋は25円にするという

とんでもない有料指定袋制(ゴミ有料化)。

でもどうも私の住んでいるマンションにおいては、

特別に業者に頼んでごみ収集をしてもらっているらしく、

以前と同じようにごみを出すことができ、特に有料指定袋

を使用しなくてもいいようです。

まーありがたいんですけど、それってどうなんでしょうか?

この制度の目的っていったいなんなんでしょうね。。。

環境に配慮していることを理由とすれば何でも制度化することができる

という考えに基づいたものでしょうか。

日本人はお金が絡むこととなると真剣に考える傾向にあるので

いたしかたない気もしますが。
先日、くずきりを食べに行ってきた。

くずきりをわざわざ食べに行くなんてと思う人もいるでしょうが、

京都にある鍵善といえば、納得する人もいるかもしれない。

くずを100%使用したもので、なかなかにこしがあり、

黒蜜にあえて食べるとなかなかに絶品。

時間帯によっては待ち時間も出来るほどの人気ぶりで、

観光客なんかがすごく多い。

値段は900円と少し高い気もするが、一度は食するに値すると思う。

器からしてあなどれないので、行ってみましょう。

http://www.kagizen.co.jp/
京都にはおいしいレストランが多く、雑誌でよく登場するような

店もたくさんあります。

そんな中で、今日は「レストラン水野」に行ってきました。

チーフの水野さんは学生時代にフランス料理屋のバイトでお世話に

なった方で、料理については非常に熱く情熱を注がれる方。

だから水野さんが作られる料理もかなりおいしいです。

下手にホテルなんかで中途半端にお金を出して食事をするよりも

だいぶリーズナブルですし、満足いくと思います!!

今日はコース料理を注文しました。

秋刀魚と秋茄子のカナッペから始まり、6種類ぐらいの野菜の入った

ポタージュスープ、ホタテとキノコの焼き物、そしてメインに鶏肉

のローストなどなど、かなりお腹いっぱい食べて3,800円のコース。

ほんとにおいしいので、ご飯を食べる場所に困ったときは

一度行ってみるとみなさん満足できると思います。

場所は三条河原町を少し北に上がったところにあるビルの3F。

店は小さいのですが、その分お客さんと身近に接することができて、

それが料理の質にも影響しているように感じました。

すこしばかり水野さんと話したのですが、

水野さんは「自分は食べるのが好きで、おいしいものに出会ったら、

今度はそれを自分で作ってみたいと思い、作ることができたら、

誰かに食べてもらいたいと思って、それで料理をしている」

と言っておられました。

単純なことのようですが、そこには奥深さがあり、このような思いが

情熱にかわるなんて素敵な話ですね。

これは誰にでも当てはまる話だとも思います。

自分が今やっていることの延長線上には、なんらかの自分の興味や目標

があるはずで、だったら今やっていることに

情熱を注ぐこともできるのではないでしょうか。

もしかしたら、自分の本意に反した仕事をしている

人もいるかもしれませんが、どこかに自分の夢なんかにつながるもの

を見つけることができたら、

現状も有意義なものになるのではないでしょうか。

http://www.winegrocery.com/link/mizuno.htm
2006.04.07 阪急烏丸駅
阪急京都線の烏丸駅に先日、エレベーターが設置されました。

工事期間は約1ヶ月といったところでしょうか、以外に簡単に

設置できるものですね。

大きな荷物を持ち運ぶ僕にとってはとてもありがたいことです。

ということで、さっそく利用してみました。

通常のエレベーターと違ってかわっているところといえば、

扉が二つあるということ。

ホームから改札に上がる場合には、

ホームで西側にある入り口から入って、改札階で出るときは

東側にある扉からでるというもの。

別にそれがどうということはないが、

まーあまりないタイプのエレベータだと思う。

あと一つの特徴といえば、よくしゃべるエレベーターということ。

かなり親切に案内してもらえます。
2006.03.20 東山花灯路
3月11日から21日まで、京都の東山では花灯路というイベントが

行われています。

ここ数年は毎年の恒例の行事となっていて、この時期に行われます。

京都を訪れる観光客の増加を目的としているのでしょうか、

お寺のライトアップイベントと同様に年々、観光客が増えている気が

します。

もうすぐ桜の花見のシーズンが到来しますが、

こちらに関しては自然と人は集まるので、

その前のちょっと寒い時期(本日は非常に寒かったですが。。。)

時点においても京都への集客効果を狙っているのでしょうね。

京都には本当に雰囲気のいい場所が多くて、

この花灯路が行われた東山にも数々の名所があります。

僕が好きな場所は二年坂付近のちょっとお店が並んでいて、

路地なんかもあって、ちょっとほっこりするような感じのとこです。

やはり、そこなんかは人もすごく多くて、にぎわっていました。

でも、少し道を外れると、ひっそりとしていて、

少し寂しい雰囲気になっているところもあります。

これは個人的な意見ですが、もう少し、その周辺全体でいい雰囲気を

つくり出せれば、もっと京都らしい魅力をアピールできるのになー

と思いました。

京都の魅力をもっと全国にアピールできれば京都市も潤っていく

ことでしょうが、人が多く集まりすぎると京都ではなくなってくる

おそれもあるので、そこの判断は難しいですね。

http://www.hanatouro.jp/index.html
また新しい一年が始まりましたね。

今年は個人的には試験のある年なので、忙しく大変な年ですが、

皆様にとって素敵な一年であることを願っています。

1月1日0時過ぎも初詣なるものに行ってきました。

夜中に京都のお寺に初詣に出かけるのは初めてで、

行く前はちょっと楽しみにしていたのですが、

少し大変な思いをすることになりました。

というのは、これほどに人が多いことを全然知らずに出かけて

しまったので、神社にたどり着くのに相当な時間がかかりました。

四条烏丸から歩いて向かったのですが、

出発したのが0時30分くらいで、神社に到着したのが

2時くらいになっていました。

四条河原町から八坂神社にかけて歩行者天国になっていたのですが、

祇園祭を思いおこさせるぐらいに人だらけで、さらには神社への

入場制限も行っていたため、神社の手前ぐらいからは15分で5メートル

くらいしか進まなかったのです。

しかし、何にでも裏技というものはつきもので、

違うルートから行けばもっとスムーズに行けるのです。

具体的には四条通りから行くのではなく、五条方面から

北上していく方法です。そうすれば確実にもっと

早く着くことができます。

来年予定されている方は、四条通りをまっすぐ向かっていく進路

をさけることをおすすめします(相当寒いですしね)。

でも、中に入ってしまえば、前に進めないというほど込んでいる訳では

なく、お守りなんかも容易に購入できます。

神頼みは果たして御利益があるのかは未知ですが、

素直な気持ちでお参りすることはとても大切ですよね。

心の中でお願いすることは本当に叶えたいお願いでしょうし、

お願いしつつもどこかで決意表明的な意味も込めていることでしょう。



昨日は嵐山の花灯路の最終日でした。

阪急嵐山駅の近辺から二尊院付近まで、灯路がたくさん並べられ、

また、芸術系の大学生の作品もあちこちで出展してあり、

京都らしいイベントが行われていました。

中でも、あの有名な渡月橋がレインボーブリッジ化していたのには

かなり衝撃でした。

灯路とは違って、固定の電灯のようなものが橋の歩道部分に無数に

取り付けられ、およそ7色に色を変えるのです。

和と洋の折衷なのかどうかわかりませんが、

かなり違和感があり、どちらかといえば少しマイナスイメージでは

ないかと思いました。

しかし、12月の中旬ともなるとかなり冷え切っていて、

嵐山は雪がとけていない状況でした。

いろいろ見て回りたいというよりは、早く暖かいところに

行きたいという衝動の方が強くなりがちだったので、

もう少し開催時期に配慮していただきたいものです。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。