上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、第一回勉強会が開催されました。

この勉強会というのは、知り合いの税理士さんと一緒に始めようと

立ち上げたもので、今日の参加者は税理士2人と

会計士(厳密には会計士補)2人の合計4人。

第1回のテーマは最初ということもあって、

「税理士、会計士の仕事について」

と「平成電電の計画倒産についてのスキームについて」でした。

会計士と税理士は会計関連の業務的には似ているのですが、

業務自体は全然違います。

やはり税理士さんは税務の専門家という印象を受けました。

お互いになんとなくしか業務内容がわかってにいなかっただけに、

へーっていう感じで新しい発見もあったりしました。

もう一つのテーマである平成電電については、

中身が若干複雑で難しく、議論はしたものの、

結論というものはなかった感じです

(もともと結論を出すテーマでもないのですが。。。)。

少し法律の知識が必要なので、

次回は弁護士の友達にも参加してもらいます!!

勉強会としては、いい意味でくだけた感じで、

発言もしやすい感じなので、この会は有意義なものです。

休みの日の朝にすることで、

だらだら過ごしているよりもよっぽどいいですしね。

次回は1月7日で、テーマはストックオプションや

株式上場なんかについて議論する予定です。

いろんな知識を深めるきっかけとなり、普段の疑問も解決するので、

この勉強会の開催はよかったと思っているしだいです!!
スポンサーサイト
最近、新聞やニュースに毎日のように登場する村上ファンドであるが、

新たにTOBを開始し始めました。

その相手というのは、新日本無線である。

新日本無線の株式は親会社である日本無線が50.5%を

保有しており、

その日本無線の筆頭株主(19.3保有)である日清紡がもともと

新日本無線の株式に対してTOBを仕掛けていたのであるが、

突如として村上ファンドが現れたという状況である。

本来なら、新日本無線が日清紡のTOBに応じることで、

何ら問題も生じなかったのであろうが、

村上ファンドによるTOBは買い付け価格が

日清紡のそれよりも高いため、

新日本無線にとっては一概に日清紡のTOBに応じると

株主代表訴訟のリスクを負うことになりかねないのである。

今日の新聞では、日清紡も買い付け価格をかえる予定はない

と表明しているようなので、

今後、どのように展開していくのか見ものである。

村上ファンドにより株式を保有された当事会社にとって、

村上ファンドは面倒な存在なのであろうが、

一方でいえることは、もの言う株主が存在する以上、

経営面は今まで以上に慎重かつ合理的なものになる

のではないだろうか。

中途半端な事業運営をしているようだと

何を言われるかわからないので、

適切な意思決定や株主価値を高める経営が

行われる可能性が高まると思われる。

でも、これはあくまでも外部から見た意見であり、

当事者は渦中の真っ只中で、

それどころではないことでしょう。
2005.11.22 石庵
先日行ったお店の紹介!

石庵(いっしゃん)ってお店で、特徴は石の上で鶏肉や野菜を

焼いて食べるんです。

遠赤外線効果で素材のうまみが封じこめられて、

おいしく焼けたお肉は絶品!!

食べた中でのおすすめは、せせり、つくねと後は鶏ご飯。

かなりジューシーにお肉は焼けるし、ご飯はふっくら炊けてるし、

かなり納得のいくお店でしたよ。

竹筒から注がれる本醸造の竹酒も料理にマッチしていい感じです。

お店は京都だけではなくて、大阪や東京にもあるので、

ほんといったことのない人は是非行くべきですよ!!

http://www.ishiyaki-issian.com/
すっかり寒くなってきましたが、それに伴い、

京都のライトアップの時期にも突入しています。

僕は、まだ過去に行ったことのない知恩院に行ってきました。

混雑を予想していたのですが、それほど混雑にも遭遇することなく、

楽しむことができました。

もみじの紅葉はというと、正直今年は今一つかなという感じがします。

まだ、完全な紅葉ではなかったのですが、真っ赤に色づいている

もみじも近くで見るとそれほどきれいではなかったです。。。

ただ、知恩院はすごく広くて、建物や庭園はすごくきれいでした。

昼間に来るのもありな場所ですよ!!

それにしても、京都の紅葉ライトアップはブランド化しているのか、

年々観光客が増えている気がします。

数年前はそれほど混雑する様子ではなかったのですが、

ここ数年はツアー客でいっぱいで、入るにも並ばないといけない状況に

遭遇したこともあります。しかも中に入っても人でいっぱいで

ゆったりとした優雅な一時を過ごしにくくなっている

のではないでしょうか。

一方でお寺は儲かっていることなんでしょう。

あいかわらずいい商売だなーと思ってしまいます。

http://www.chion-in.or.jp/top.html

今日は勉強会に行ってきました。

以前に行った同志社会計人会で知り合いになった

弓場さんという税理士の方が代表として運営されている

異業種交流的な勉強会であります。

弓場さん自身は税理士であり、事務所を開業していらっしゃいます。

本日のテーマは「株式公開」ということで、

監査法人トーマツの先生の講義でした。

講義内容は深い内容のものではなく、概要を説明したという感じで

したが、非常に流暢におしゃべりになられるので

おそらく知識のない方にもわかりやすい話であったと思います。

異業種交流ということで、税理士さんや司法書士さん、社会保険労務士

さんやその他生命保険会社の方など、あらゆる分野の方が参加されて

いらっしゃいました(会計士関係は私一人でしたが。。。)。

雰囲気はみんなさすがにステータスが高いだけあって、

真剣に講義の内容を聞いていて、勉強好きさが伺えました。

その後は懇親会ということで焼肉屋さんに行きました。

本町にある「牛庵」というところで、それなりにおいしかったです。

参加して思ったことは、いろんな分野で活躍されている人を

身近に感じることで、自分の将来についてよりリアルに想像できるなー

ということです。独立されて事務所を構えられている方も多く、

自分で仕事をとってきて、自分で顧客満足のいくように仕事をこなす

というスタイルなのですが、そんな人を見ていると大変ではあるけど

正直、魅力を感じました。自分の将来は果たして専門家として事務所を

構えるのか、それとも事業を起こすのかまだ模索中ですが、

自分の将来についてより深く考える機会がもてたのがよかったです。

弓場さんもいろいろたくらんでいる方なので、

そこにも魅かれるものがありました。

これからテスト勉強で忙しくなってはきますが、

また参加してみたいと思います。
11月7日は公認会計士二次試験の合格発表日でした!

今年で現行の試験制度は最後であり、

来年からは新試験制度として実施されるのであるが、

今年の合格状況は以下の通りです。


受 験 者 数 15,322人(前年16,310人)

短答式合格者数3,510人(前年3,237人)

最終合格者数1,308人(前年1,378人)

合  格  率8.5 %(前年8.4%)


ごらんのように例によって厳しい試験なのですが

(といっても司法試験に比べればまだましですが)、

注目すべきは受験者数が減少していることです。

毎年受験者数および合格者数は増加の一方をたどる傾向にあった

だけに、今回の受験者数の減少およびそれに伴う合格者数の減少は

会計士に対する社会一般の反応を

顕著に表しているようにも考えられます。

当然のことながら、来年に試験制度が変わるということの影響も

考えられるわけですが、会計士という職業への魅力が低下

しているのではないかと心配なものです。

会計士も社会批判の矢面に立たされつつある現状からすると、

何らかの形で抜本的な改革が今後待ち受けている

のではないでしょうか。

例えば、株主から監査報酬を受け取ること。

うーん、あまり現実的ではないような気がしますね。


2005.11.05 PLUM
お店紹介ということで、大阪にある「PLUM」のご紹介!!

ご存知の方も多いかもしれませんが、

梅酒を100種類ぐらい置いている創作料理のお店で、

全国各地のありとあらゆる梅酒がそろっています!

梅酒好きの僕も満足のいく品揃えなんですが、

さすがにこうも多いと選ぶのに迷ってしまいます。。。

とりあえず頼んだのが、ローヤルゼリー入りの梅酒と

名前は忘れましたが、~のおいしい梅酒です。

両方とも独特の味で、梅酒好きの人は飲み比べなんかしてみたら

いいと思います。

ただ、いろんな梅酒がありますが、個性的な梅酒よりは

梅酒本来の味を楽しめるような梅酒の方がおいしい気がします。

さらには料理も美味しかったです!!

頼んだ料理はすべて美味しかったです。

なかでも一押しは、かぼちゃを豚ロースで包んで香草パン粉で

揚げた料理!!絶品です!!

是非一度足を運んで見ていただきたいと思いますが、

常にお客さんでいっぱいなので、満席で断られえることもありますので

ご注意を!!

http://www.plum.co.jp/
去年ぐらいから検討していた勉強会がついに発足しそうです!!

税理士の友人の方と勉強会を企画したやっていこう!!って話を

持ちかけられて、およそ1年ぐらい経ちそうですが、

今日はその勉強会の方針についての打ち合わせをしました。

そんなに堅苦しい打ち合わせではなく、

四条烏丸のお好み焼き屋で、おおよその計画を立ててみました。

世間には勉強会という名の会合はあふれるほどあり、

名目は勉強会であっても、実質は名刺交換の場であるという会が

多々あり、そういった会には年会費までも必要となっています。

しかし、お金をかけずに純粋にいろんな分野についての情報を入手し、

広い知識を身につけたいという人にとっては、この会は

非常に意味のあるものだと思いますし、

そういう人を集めて低コストで内容のある会にするというのが

この会の趣旨でもあります。

自ら勉強して、発表することは偉い方の講義をただ聴いてうなずいて

いるよりも何倍も勉強になるとも思っています。

気軽に普段感じる疑問についての質問をしたり、

一つのテーマについて、議論したりすることは

有意義ではないでしょうか。

身近に交流を深めるということで、かなり期待していますし、

参加者みんなで意味のある勉強会を作っていくという意味では

一人一人が責任を持って、活性化させていく必要があります。

待望の第1回勉強会は11月の末あたりに開催される予定です。

また、その内容や感じたことについて、情報提供していきますね!!
先日買った雑誌に目標設定についての記事がかかれていました。

渋谷で働く社長の目標設定方法なんですが、

ずばり「目標は一つだけにする」方法みたいです。

そもそも、目標を立てることは生きていく上で大事なことですが、

達成に向けて集中できるような目標を設定の仕方を工夫することが

大切とコメントされていました。

確かに、漠然とした目標を設定するのではなく、

自分のモチベーションを高めるような目標を設定することが

できれば、自ずと仕事や勉強にも力が入りますし、

趣味の領域でも同様の効果があると思います。

また、目標数が多くなるとその目標達成が困難になり、

それに向かって集中する力も分散されるため、

達成できたとしても平凡な結果に落ち着くこともある

とも書かれていました。

達成したいことなんて人間たくさんある中で、

何を優先すべきかをしっかり考え、

1つとまではいかなくても少数にすることで、

その目標達成の可能性も高くなることは想像がつきますよね。

特に、人はやるべきことが絞られたときに迷いがなくなり、

全力でそのことに集中できるのではないでしょうか。

僕も大きな目標をもっていますが、もう少し具体的な目標に置き換え

ようと思っています。

そしてさらには、日々の目標というのを設定してみることにします。

こちらは、一日でがんばれば達成することができるような目標。

ただ、達成することができず、ストレスが溜まるようなことが

ないよう、特に短期的な目標については、

達成できる可能性の高さに配慮が必要でしょうね!!


私は週末に実家に帰った際には、ゴルフのレッスンによくいきます。

実家が京都の北のほうなので、

車で15分くらいのところにあるしょうざんゴルフ場にいきます。

打ちっぱなしの練習場を使って、先生がいろいろ

アドバイスをくれるというスタンス。

しょうざんゴルフ場のいいとこは、

山を切り開いたところに位置するため、

すごくリラックスした環境でゴルフを楽しめること。

午前中とかもすごいすがすがしい気分を味わえます!!

料金について、レッスンを除いていえば、

サービスタイムというのがあって、

平日は200球が千円、土日祝日の午前中は200球が

1500円であり、すごく安いというわけではないのですが、

悪くないと思います。

レッスンも1クールが8回で2万円となっていて、

こちらも安いといえないかもしれませんが、

結構個人指導してもらえますし、時間も結構アバウトで、

通常1.5時間くらいなんですが、

2時間超みてもらったりもできるので気に入ってます。

ゴルフはクライアントと回ったりするために始めたのですが、

練習もすごく楽しくて、趣味のスポーツの一つとなりつつあります。

みなさんが言われるように、ゴルフは最初が肝心だと

すっごく思うので、これから始められる方も、まだ初心者の方も

ぜひ一度無料体験レッスンでもいいので、

レッスンを受けてみてはいかがでしょうか!!

絶対かわりますよ!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。